2020.1.8 05:00(1/2ページ)

【最新ゴルフはソコが鍵!】バンカーショットは砂を爆発させよう

【最新ゴルフはソコが鍵!】

バンカーショットは砂を爆発させよう

スクエアスタンス、ハンドレイトのアドレス、オープンフェース、アウトサイド・イン軌道を実践し、ボール後方にソールから接地するスイングをしたなら、片腕でも簡単にボールを打ち出せる

スクエアスタンス、ハンドレイトのアドレス、オープンフェース、アウトサイド・イン軌道を実践し、ボール後方にソールから接地するスイングをしたなら、片腕でも簡単にボールを打ち出せる【拡大】

 最新クラブに適したスイング理論をもとに指導することで人気のインドアスクール「オンワードゴルフアカデミー」(東京・世田谷区)のディレクタープロ、向江寛尚氏(47)が教える「最新ゴルフはソコ(底)が鍵!」。最終回はバンカーショットに焦点を当てて、サンドウエッジ(SW)の特性をしっかり把握することで絶対に脱出できるようになる方法を教えます。(取材構成・伝昌夫、協力・高麗川カントリークラブ)

 バンカーショットはエクスプロージョン(爆発)ショットとも表現されます。ボール後方の砂を“爆発”させるように打ち、その力で砂と一緒にボールを脱出させるからです。ボールを直接ヒットしないというゴルフでは特殊なショットで、SWという専用クラブが誕生しました。

 他のクラブと違い、ソール後方部が出っ張っています。フェース面下部の「歯」と言われるリーディングエッジよりも先にソール後方部が接地するので、ヘッドが砂の中に刺さったり潜ったりしません。それだけ創意工夫が施されて設計されたクラブを使っても、バンカーからうまく出せないのはなぜか…。

 理由は簡単。オープンスタンスに構え、開いたフェースのリーディングエッジを意識してボールを打ち上げようとするため、インサイドアウトの「すくい上げ」スイングになっているのです。あるいは通常のショットのようにハンドファーストに構えて、インサイドにバックスイングして切り返しではクラブをループさせてダウンスイングすることで歯から打ち込んでしまい、砂を爆発させられないのです。

 バンカーショットこそ、「歯」ではなくソールを意識してください。ボール1個分くらい後方へ、ソール部分を上方から振り下ろすスイングイメージを持つだけ。要領さえ把握すれば、右腕だけでも球をフワリと舞い上げることができるほど易しく感じることができるでしょう。

【続きを読む】

  • 「左腕」とシャフトを結んだラインが自分から見て「逆くの字」になるハンドレイトで構えることで、アウトサイド方向へのバックスイングが容易になる
  • 向江コーチのサンドウエッジのイメージ写真
  • オープンフェースで構え、右を向いたリーディングエッジを動かす意識がインサイドへのバックスイングを促してしまうので注意
  • 自分から見てシャフトと右腕を結んだラインが「くの字」型となるハンドファーストの構えでリーディングエッジを意識したのではインサイドにバックスイングしやすくなる
  • インサイドアウトの軌道
  • インサイドアウトのすくい上げスイングでは砂を爆発させられない
  • リーディングエッジから振り落としたのではヘッドがバンカーに突き刺さる
  • ソール後方から接地させたなら砂が爆発し、スムーズに振り抜ける