2019.12.5 05:02

アン・シネ、17位“合格圏”キープ「ここに集中」/国内女子

アン・シネ、17位“合格圏”キープ「ここに集中」/国内女子

特集:
アン・シネ
安定したプレーで“合格圏内”を守るアン・シネ (撮影・臼杵孝志)

安定したプレーで“合格圏内”を守るアン・シネ (撮影・臼杵孝志)【拡大】

 ファイナルQT(最終予選会)第2日(4日、埼玉・こだまGC=6472ヤード、パー72)来季ツアー前半戦の優先出場順位を決める最終予選会。アン・シネ(28)=韓国=は72で回り、通算1アンダーの17位で“合格ライン”をキープした。木戸愛(29)=ゼンリン=が68で回り、通算10アンダーで首位。安田祐香(18)=フリー=は通算6アンダーで5位につけた。前半戦にフル出場できる目安は35位以内。

 一般には非公開のQTでも、アン・シネはプロ意識に徹している。前日はマスク姿。「寒いと鼻水が出る」と申し訳なさそうだったが、この日は無粋なモノはなし。カメラに向かって笑顔でスタートし、イーブンパーの72で戻ってきた。

 「ショートゲームがよかった。マスクですか? きょう暖かかったから大丈夫です」

 1番(パー4)から2連続ボギーも4番(パー5)で7メートル、続く5番(パー3)も7メートルを沈めて“借金”をすぐに返済した。日本ツアー参戦3年目の今季も賞金ランキング98位と低迷したが、プロテストを受験してまで決めた日本ツアー続投。覚悟を持って臨んだQTで17位と合格圏内をキープしている。

 「オフは一度も行ったことがないスペインに旅行したい。でも、今はここに集中」。今月18日で29歳。セクシークイーンは色香と経験を武器に自分の居場所を確保する。 (臼杵孝志)