2019.12.4 05:00(1/2ページ)

【最新ゴルフはソコが鍵!】フェアウエーウッドの打ち方

【最新ゴルフはソコが鍵!】

フェアウエーウッドの打ち方

向江寛尚ディレクタープロ

向江寛尚ディレクタープロ【拡大】

 クラブの進化に対応したスイング理論が分かりやすいと評判のインドアスクール「オンワードゴルフアカデミー」(東京・世田谷区)の向江寛尚ディレクタープロ(47)による、「最新ゴルフのソコ(底)が鍵!」。第2回はフェアウエーウッドのクラブ特性を学びながら打ち方を解説します。フェアウエーウッドが苦手なゴルファーは必見。 (取材構成・伝昌夫、協力・オンワードゴルフアカデミー)

 フェアウエーウッドを苦手とするゴルファーは少なくないはず。では、構えた際にヘッドのどこを見て、どこの部分を動かしてスイングしようとしますか?

 アイアンとは異なるヘッド形状であることを、まず理解してください。地面にあるボールを打つクラブとしてはシャフトが長く、ロフト角が立っています。フェース下部のリーディングエッジ(歯)は、シャフト軸線よりも前方に位置しています。

 フェアウエーウッドに苦手意識があるゴルファーほど、歯ではなくフェース上部のトップラインを基準にスクエアにセットします。するとフェース面がかぶった状態となり、ソール後方部が浮きます。

 そのままバックスイングすると、クラブはアウトサイドへ上がる傾向があります。一方でダウンスイングでは逆にインサイドから球をすくい上げようとするため、リーディングエッジから接地。これがダフり、トップの要因です。

 フェアウエーウッドのスイング基本は、ソールを滑らせるように振る。そのために、ソールを意識することが鍵です。

【続きを読む】

  • ヘッドを打ち込む意識は無用。ソールを滑らせるようにアウトサイドから振り下ろすイメージのスイングがボールは捕まり、飛距離を出せる
  • ソールを滑らせるスイング=レベルスイングで体はスムーズに回転する
  • ソールを滑らせながら振り抜くとシャフトを軸にしてフェースは自動的に回転し、ボールは捕まる
  • フェアウエイウッド本来の正しいセットアップ。フェース面が開いているように見える
  • フェース上部のトップラインをターゲット方向へ向けようとすると、結果的にフェースが被ったセットアップになる
  • フェース下部のリーディングエッジを基点にソールしたならスクエアフェースでセットできる。ソール下部が浮くことはない
  • フェースを被せてヘッドをソールするとソール後方が浮いてしまう
  • FWWの特徴の一方でアイアンのリーディングエッジはシャフト軸線にほぼ近い位置に設定されている
  • フェアウエーウッドはリーディングエッジ(歯)がシャフト軸線よりも打ち出し方向に出ているのがクラブ特徴