2019.12.1 21:24

イ・ボミ、首位から5位に落ちるも「来年も楽しくゴルフしたい」/国内女子

イ・ボミ、首位から5位に落ちるも「来年も楽しくゴルフしたい」/国内女子

特集:
イ・ボミ
5位タイで終了したイ・ボミ=宮崎CC(撮影・中島信生)

5位タイで終了したイ・ボミ=宮崎CC(撮影・中島信生)【拡大】

 ツアー選手権リコー杯最終日(1日、宮崎CC=6535ヤード、パー72)今季最終戦。25歳の鈴木愛が12位から6バーディー、2ボギーの68で回り、通算5アンダー、283の5位となって2年ぶり2度目の賞金女王に輝いた。今季獲得額は1億6018万9665円。

 3位で出た21歳の渋野日向子は3バーディー、1ボギーの70で通算7アンダーとし、19歳の古江彩佳と2位に並んだ。賞金ランキングは鈴木と約757万円差の2位だった。

 2位から67で通算11アンダーに伸ばしたペ・ソンウ(韓国)が今季2勝目で賞金3000万円を獲得。河本結が6アンダーの4位に入った。68で回り4アンダーの7位となった申ジエ(韓国)がシーズンの平均ストロークでツアー史上初めて70を切る69・9399をマークした。(出場32選手、曇り、気温17・6度、西北西の風2・4メートル、観衆8580人)

イ・ボミ(4番から5連続ボギー。首位から5位に落ち)「残念だけど、後半2アンダーで回れたことは良かった。来年も楽しくゴルフしたい」

リーダーボードへツアー日程へ