2019.11.9 18:19

鈴木愛、気楽なゴルフで首位快走「自分に期待していない」

鈴木愛、気楽なゴルフで首位快走「自分に期待していない」

2日目 15H、単独首位で終了した鈴木愛=瀬田GC(撮影・中島信生)

2日目 15H、単独首位で終了した鈴木愛=瀬田GC(撮影・中島信生)【拡大】

 TOTOジャパンクラシック第2日(9日、滋賀・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72)首位から出て2週連続優勝を狙う鈴木愛がボギーなしの7バーディーの65と伸ばし、通算12アンダー、132で単独首位に立った。

 2週連続優勝を狙う鈴木が65をマークし、後続に3打差をつけて首位を快走。4メートルのパットを沈めた1番から3連続バーディーと好発進すると、以降もボギーをたたくことなくスコアを伸ばし続け「ショットもパットも調子が良かった」と満面の笑みを浮かべた。

 鈴木といえば練習の虫で有名。だが、左手親指痛などで練習量は3分の1ほどに減り「自分に期待していない。気楽にゴルフができている」。肩の力が抜け、連日の好ラウンドが続いている。

ツアー日程へ

  • 18H、単独首位で終了した鈴木愛。第3打がピンそばに寄りキャディーとハイタッチ=瀬田GC(撮影・中島信生)
  • 単独首位で終了した鈴木愛=瀬田GC(撮影・中島信生)