2019.10.31 19:15

渋野日向子「出来は75点」 69で3打差8位発進/米女子

渋野日向子「出来は75点」 69で3打差8位発進/米女子

特集:
渋野日向子
第1ラウンド、1番でチップインバーディーを奪った渋野日向子=美麗華クラブ(共同)

第1ラウンド、1番でチップインバーディーを奪った渋野日向子=美麗華クラブ(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのスウィンギングスカート台湾選手権は31日、台湾の新北市の美麗華クラブ(パー72)で第1ラウンドが行われ、優勝した8月のAIG全英女子オープン以来の米ツアー出場となる20歳の渋野日向子は5バーディー、2ボギーの69で首位と3打差の8位と好発進した。

 ホ・ミジョン(韓国)とネリー・コルダ(米国)が66でトップに並び、1打差でミンジ・リー(オーストラリア)が3位。横峯さくらは77の72位と出遅れた。81選手が4日間、予選落ちなしで争う。(共同)

渋野日向子の話「風がかなり強かったので距離感、番手選びがかなり難しかった。もうちょっとパットを決めたかったので出来は75点」

横峯さくらの話「風が強かった。17番まではまずまずできたけど、18番で池に2度入れてしまって、最低な一日になってしまった」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、笑顔でホールアウトする渋野日向子=美麗華クラブ(共同)