2019.10.29 05:01

ウッズ、8年サポートに感謝「バンテリンなかったら…」/米男子

ウッズ、8年サポートに感謝「バンテリンなかったら…」/米男子

特集:
タイガー・ウッズ
興和の三輪芳弘社長(左)と激戦を終え、和やかな表情のタイガー・ウッズ =千葉県成田市(撮影・福島範和)

興和の三輪芳弘社長(左)と激戦を終え、和やかな表情のタイガー・ウッズ =千葉県成田市(撮影・福島範和)【拡大】

 ZOZOチャンピオンシップ最終日(28日、千葉・アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70)日本初開催のPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」で優勝したタイガー・ウッズ(43)が、大会後に千葉県成田市内で開かれた興和の記者発表会に登場した。

 「バンテリン」で知られる興和は、2011年からウッズをサポート。激戦の疲れを見せず、笑顔で登壇したウッズは「8年にわたってサポートしてもらい、ありがとうございます。ご存じの通り腰も膝も痛め、バンテリンのサポートがなかったら大変だったと思います」と故障が続いた時代も支えた同社に感謝した。毎年マスターズを訪れウッズを激励するという三輪芳弘代表取締役社長は、「何より尊敬するのは、何回も手術を乗り越えて、40歳を過ぎてまた勝っていること」と祝福した。

 今大会では、同じく興和がスポンサーを務める松山英樹(27)も2位に入り、ウッズ・松山の「バンテリンペア」が、上位を独占した。

 ウッズ、松山の2人が新CMで初共演する「GO!VANTELIN PROJECT」の始動が正式発表され、今後は新キャンペーンなどが展開される予定だ。

リーダーボードへツアー日程へ