2019.10.27 15:08

小林会長、不適切発言の選手名明かさず/国内女子

小林会長、不適切発言の選手名明かさず/国内女子

LPGAの小林会長=マスターズGC(撮影・甘利慈)

LPGAの小林会長=マスターズGC(撮影・甘利慈)【拡大】

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の小林浩美会長(56)は27日、「マスターズGCレディース」が行われた兵庫・マスターズGCで会見し、今大会に出場したプロ選手がコース関係者に不適切な発言があったことを認め、コース側に謝罪したことを明かした。同会長は「不適切な発言があったことは確認し、謝罪した。あってはならないことで、大きな問題と思っている」と話したが、「調査中」として選手名など詳細は明かさなかった。今後は第三者も交えて事実関係をまとめ、「協会のコンプライアンス規定、懲戒規定に則り、処分も含めて早急に対処したい」と説明した。

 関係者などの話を総合すると、ツアー優勝経験もある30代の選手は大会開幕前にクラブハウス内の浴室の脱衣所でストレッチを行おうとしたが、床に敷くバスタオルがなかったため、従業員に持ってきてもらうように依頼。断られたことに立腹し、暴言を吐いたという。ストレッチのために脱衣所を利用する選手は多いが、この大会では好意で用意していたバスタオルを持ち帰る選手が多く、コース側では今年からバスタオルの常備をやめていた。