2019.10.14 05:01

白潟、国内ツアー初V!賞金ランク5位に/国内シニア

白潟、国内ツアー初V!賞金ランク5位に/国内シニア

「日本プロシニア住商サミット杯」でシニアツアー初優勝を飾った白潟英純

「日本プロシニア住商サミット杯」でシニアツアー初優勝を飾った白潟英純【拡大】

 日本プロシニア選手権 住友商事・サミットカップ最終日(13日、茨城・サミットGC=7023ヤード、パー72)初日から首位の白潟英純(53)=九州GC八幡C=が4バーディー、1ボギー、1トリプルボギーの72で回り、通算12アンダーで完全優勝。ツアー初優勝を国内シニアメジャーで飾った。3打差の2位には、塚田好宣(50)、倉本昌弘(64)=ともにフリー=ら4人。なお、54ホールに競技短縮となったが、賞金ランキングへの加算は100%行われる。

 秋の陽光を浴びた白潟がウイニングパットを決めて、念願のビッグタイトルを手にした。

 「もうあわてました。15番から最後まで、落ち着きませんでした」

 順調にスコアを伸ばして迎えた15番(パー4)。フェアウエーからの3打目を「頭の中が真っ白」と大ダフリ。動揺を隠せず、4オン3パットのトリプルボギーで後続と2打差となった。しかし、言葉とは逆に17番(パー4)でバーディーを奪い、逃げ切った。

 九産大進学後から本格的にゴルフを取り組み、1987、88年「九州学生」を連覇。92年にプロテストに合格し、2000年「NST新潟オープン」でツアー初優勝。その後は目立った活躍はなかった。

 「シニアに来てようやくゴルフがうまくなった。目標は来年の全英シニアオープン出場です」

 競技短縮でも優勝賞金は満額の1000万円が加算され、賞金ランキング5位に浮上。残り5戦で「全英シニア」出場の同ランク上位2人に食い込むためにも、覚醒した53歳が猛追する。

白潟 英純(しらかた・ひでずみ)

 1966(昭和41)年9月6日生まれ、53歳。福岡県出身。16歳でゴルフを始め、九産大進学後から本格的に取り組む。92年にプロテスト合格。16年にシニア入りして通算1勝。得意クラブはショートアイアン。家族は妻と子供2人。172センチ、72キロ。