2019.10.13 05:02

今平“ラッキー”今季初V!台風19号で“最終日”も中止決定/国内男子

今平“ラッキー”今季初V!台風19号で“最終日”も中止決定/国内男子

 男子ゴルフのブリヂストン・オープンは12日、千葉県の袖ケ浦CC袖ケ浦で13日に行う予定だった最終ラウンド(R)が台風19号の接近のため中止となった。競技は短縮され、11日までの36ホールで通算11アンダーの首位だった今平周吾(27)=フリー=が大会連覇、今季初優勝した。規定により賞金は50%に減額され、優勝賞金は1500万円となる。

 当初は行われる予定だった13日の最終日は、台風19号通過の影響を考慮して12日に続き中止となった。暴風雨による交通機関への影響、台風通過直後のコース内の安全確保が難しいためという。

 前日までの36ホールで終了となり、昨年覇者の今平に大会連覇と今季初Vが転がり込んだ。前日11日のプレー後には「このまま終わったらうれしい」と本音を漏らしていたが、思わぬ形でツアー通算3勝目をつかんだ。

 賞金は50%減額に。それでも今季8738万8201円となり、今大会26位の石川遼(28)=CASIO=を約370万円上回ってランキング1位に浮上。2年連続賞金王へ一歩前進した。

 この結果を受け、日本初開催となる米ツアーの新規大会「ZOZOチャンピオンシップ」(24日開幕、千葉・習志野CC)に優勝した今平と、2位の4人から賞金ランキング上位の大槻智春(29)=真清創設、スンス・ハン(33)=米国=が出場することが決定。さらにこの3人を除く石川ら賞金ランキング上位7人も出場することが決まった。

ツアー日程へ