2019.10.7 05:02

渋野、ニコニコがイライラ「情けない」7位/国内女子

渋野、ニコニコがイライラ「情けない」7位/国内女子

特集:
渋野日向子
6番で2オンできずにがっかりする渋野

6番で2オンできずにがっかりする渋野【拡大】

 日本女子オープン最終日(6日、三重・白山ヴィレッジGCクイーンC=6479ヤード、パー72)“らしく”ないゴルフで7位に終わった渋野はご機嫌斜めだった。1番(パー5)から何度もチャンスを逃し、自己最長となる13ホール連続のパー。2メートルを沈めた14番(パー5)の唯一のバーディーに「やっとですね。1個だけでしたね。もうイライラした。情けないの一言です」と自分自身に怒っていた。

 これまでの自身連続パーの最長は今年3月の「アクサレディス」第2Rと5月の「サロンパス杯」第2Rの11ホール。平均バーディー数1位を支える両輪の一つのショットは好調だっただけに「パッティングでつぶしてしまった」と猛省した。

 賞金ランキング1位の申ジエ(韓国)は75と崩れて13位。その差を約858万円とし、悔しさを押し殺すように「少しでも差が縮まったのなら、あとの試合も頑張ります」と気持ちを切り替えた。

渋野日向子と同じ青木翔コーチに師事する梶谷翼(兵庫・滝川二高1年)は9位でローアマを獲得「渋野さんを見ていて笑顔でプレーする大切さを改めて感じた。ミスしたときこそ笑顔でプレーしています」

リーダーボードへツアー日程へ

  • バーディーパットを決める渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
  • バーディーに笑顔の渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
  • 最終日、18番でアプローチショットを放つ渋野日向子。通算9アンダーで7位=白山ヴィレッジGC
  • セカンドショットを放つ渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
  • バーディーパットを外す渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
  • ティーショットを放つ渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
  • 打球の行方を追う渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
  • 9位タイでローアマとなった梶谷翼=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
  • 9位タイでローアマとなった梶谷翼=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)