2019.9.30 05:02(1/2ページ)

41歳・武藤、4年ぶり7勝目!若手よ「かかってこんかい」/国内男子

41歳・武藤、4年ぶり7勝目!若手よ「かかってこんかい」/国内男子

優勝した武藤は仲間たちからペットボトルで水をかけられて祝福される

優勝した武藤は仲間たちからペットボトルで水をかけられて祝福される【拡大】

 パナソニック・オープン最終日(29日、兵庫・東広野GC=7058ヤード、パー71)首位スタートの武藤俊憲(41)=フリー=が8バーディー、1ボギーの64をマークし、通算21アンダーで逃げ切った。今季はトップ10が一度と苦しんでいたが、持ち味の攻めのゴルフが復活。4年ぶりのツアー通算7勝目を挙げた。4打差の通算17アンダーで今平周吾(26)=フリー=が2位。石川遼(28)=CASIO=は通算16アンダーで3位だった。

 仲間から浴びせられたウオーターシャワーに、武藤が少し照れながら久々の祝杯をかみしめた。

 「4年ぶりのうっぷんを晴らせた。今までにない勝ち方で一歩、ハードルを越えたかな」

 序盤からアクセル全開だった。「いつも競る。18番を楽にするため、とにかくバーディーを狙った」と1番(パー4)で5メートル、2番(パー4)で2メートルを沈め、連続バーディー発進。ピンを狙い続けて2位に4打差をつけた。

【続きを読む】

  • 最終日、9番でバーディーを奪い、ギャラリーの声援に応える武藤俊憲。通算21アンダーで優勝=東広野GC
  • 最終日、ホールアウトしキャディーと抱き合う武藤俊憲。通算21アンダーで4年ぶりの優勝を果たした=東広野GC
  • 通算21アンダーで4年ぶりの優勝を果たし、カップを掲げる武藤俊憲=東広野GC
  • 最終日、ホールアウトした石川遼。通算16アンダーで3位=東広野GC
  • 最終日、9番でバーディーを奪い、ギャラリーの声援に応える石川遼。通算16アンダーで3位=東広野GC
  • 最終日、4番でバーディーを奪い、ギャラリーの声援に応える今平周吾。通算17アンダーで2位=東広野GC
  • 最終日、2番で第2打放つ今平周吾。通算17アンダーで2位=東広野GC