2019.9.14 05:03(1/2ページ)

渋野日向子、連続オーバーパーなし29Rで止まっちゃった「初心に帰る」/国内女子

渋野日向子、連続オーバーパーなし29Rで止まっちゃった「初心に帰る」/国内女子

特集:
渋野日向子
最終9番でバーディーパットを沈め、天を仰ぐ渋野。連続オーバーパーなしの記録は29ラウンドで途切れ、悔しい一日となった (撮影・甘利慈)

最終9番でバーディーパットを沈め、天を仰ぐ渋野。連続オーバーパーなしの記録は29ラウンドで途切れ、悔しい一日となった (撮影・甘利慈)【拡大】

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日(13日、兵庫・チェリーヒルズGC=6425ヤード、パー72)海外メジャー「AIG全英女子オープン」覇者、渋野日向子(20)=RSK山陽放送=の連続オーバーパーなしラウンドのツアー記録が「29」で止まった。ショット、パットともに精彩を欠き、5バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの75を打ち、通算1オーバー。67で回り、通算8アンダーで首位に立った畑岡奈紗(20)=森ビル=に9打差の42位で決勝ラウンドに進んだ。

 早朝から詰めかけた大勢のギャラリーからタメ息が漏れた。5個のバーディーを奪ったが、6ボギーに1ダブルボギー。想定外のドタバタを渋野が自虐的に総括した。

 「久しぶりに素晴らしいゴルフをしましたね。見応えあるもん。昨日のスタートからショットは悪かったけど、まさか予選落ちの危機を迎えるとは思わなかった」

 6月の「ニチレイレディス」初日から始まった国内での連続オーバーパーなしラウンドは29で止まった。89日ぶりのオーバーパー。ツアー新記録を樹立した翌日の75に「残念。30ラウンドまではいきたかったけど、仕方ない」と苦笑した。

 インから出て、12番(パー4)と16番(パー4)は深いラフを渡り歩いた。17番(パー3)はティーショットを手前の池に落としてダブルボギー。18番(パー5)でもボギーを打った。

【続きを読む】

  • 笑顔の渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • ティーショットを放ち、打球の行方を見る渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • ティーショットを放つ渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • ラインを読む渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • ティーショットを池に落とし、ボールをドロップした渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • 第2日9Hバーディパットを沈め、ホールアウトした渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • 第2日9Hホールアウトし、同組の上田桃子と抱き合う渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • 第2日9Hバーディパットを沈める渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • 第2日9Hホールアウトし、同組の上田桃子と抱き合う渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • パットを外した渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • 笑顔の渋野日向子=チェリーヒルズゴルフクラブ(撮影・甘利慈)
  • 日本女子プロ選手権の第2ラウンド、オーバーパーでホールアウトし肩を落とす渋野日向子=兵庫県チェリーヒルズGC