2019.9.14 05:01

千葉に元気を!塚田、通算9アンダーで4位浮上/国内シニア

千葉に元気を!塚田、通算9アンダーで4位浮上/国内シニア

シニア「コマツオープン」で4位に浮上した塚田好宣(PGA提供)

シニア「コマツオープン」で4位に浮上した塚田好宣(PGA提供)【拡大】

 コマツ・オープン第2日(13日、石川・小松CC=6917ヤード、パー72)首位に4打差の10位からスタートしたシニアルーキーの塚田好宣(50)=フリー=が7バーディー、1ボギーの66で回り、通算9アンダーで首位に2打差の4位につけた。シニアデビュー戦の丸山茂樹(50)=セガサミーHD=は通算2オーバーの53位。65をマークした盧建順(59)=台湾=が通算11アンダーで首位に立った。

 シニアツアー3戦目の塚田が猛チャージで4位の好位置につけた。

 「自分のゴルフができて、いいパットが決まりました」

 1番(パー5)でバーディー発進すると流れに乗った。12番(パー3)でピン左6メートルを沈め、13番(パー4)で8メートル、14番(パー5)も2オン2パット。3連続バーディーでV圏内に入ってきた。

 自宅のある千葉・山武市は先日の台風15号の影響で停電し、「千葉を出るのが大変でした」。今大会に出場するために9日、普段なら車で約20分の佐倉駅に向かったが大渋滞に巻き込まれた。約2時間かかって駅近くにたどり着くと、電車は運休。別の駅から何とか東京都内に出て一泊し、10日に石川県内の会場に入った。

 首位に2打差。「久しぶりの優勝争いを楽しみたい」と、シニア初優勝の朗報を地元千葉に届ける。

1アンダーの71で回った丸山茂樹「きょうは85か1アンダーか、みたいな気持ちだった。アンダーパーが出て、いい方向にいってくれた」