2019.9.13 05:01

杉山3位、9番以外は「100点」/国内男子

杉山3位、9番以外は「100点」/国内男子

第2ラウンドで3位に浮上した杉山知靖(JGTO提供)

第2ラウンドで3位に浮上した杉山知靖(JGTO提供)【拡大】

 AbemaTVツアー(下部ツアー)ディライトワークスASPチャレンジ第2日(12日、栃木・太平洋C益子PGAC=6984ヤード、パー71)第1ラウンド(R)の残りと第2Rを行い、杉山知靖(26)=レイクウッドコーポレーション=が第2Rを67で回り、通算10アンダーで3位。通算11アンダーのドンファン(32)、咸政宇(25)=ともに韓国=が首位に並んだ。プロ野球楽天元監督でサンケイスポーツ専属評論家、デーブ大久保(本名・大久保博元、52)=デーブカンパニー=は通算10オーバーで予選落ちした。

 第2Rで6つスコアを伸ばして単独首位で迎えた最終9番(パー4)で、杉山はOBをたたいてダブルボギー。「攻めた結果なので、悔いはない。それ(9番)以外は100点と言ってもいいプレー内容でした」と納得顔だった。6月の「ランディック・チャレンジ」で自己最高の2位に入った未勝利の26歳は「優勝したい」と、今度こそ栄冠をつかむ。