2019.9.13 05:00(1/2ページ)

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】全方位向けコースを八木裕さん絶賛!東条の森CC大蔵コース

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】

全方位向けコースを八木裕さん絶賛!東条の森CC大蔵コース

特集:
コースNAVI
東の1番でティーショットを放つ八木氏。東は距離が長いホールが多い

東の1番でティーショットを放つ八木氏。東は距離が長いホールが多い【拡大】

 「東条の森カントリークラブ大蔵コース」(兵庫・加東市)は、東・西・南の27ホールから構成される。東条コースと宇城コースも持つ同CC。中でも大蔵コースは、さまざまなレベルのゴルファーが楽しめる。阪神OBの八木裕氏(サンケイスポーツ専属評論家)が“いいとこ取り”のコースを満喫した。

 老若男女問わずいっしょにプレーできるのが、ゴルフの醍醐味だろう。ただ、飛距離やレベルなど個人差があり、コース選びに迷うこともある。そんなグループや夫婦におすすめなのが、東条の森CC大蔵コースだ。

 同CCには、距離が長くアスリート向けの東条コース、距離は比較的短く戦略性の高い宇城コースもあるが、大蔵コースはすべてを兼ね備えている。初心者から上級者まであらゆるゴルファーが楽しめるコースセッティング。八木氏が27ホールからなる大蔵コースを初めて回った。

 今回は南と東をバックティーからプレーした。前半の南では、池越えの4番(パー3)の1打目でグリーンをとらえると、15メートル残ったバーディーパットをしっかりと寄せてパーセーブ。9番(パー4)でもパーを拾った。

 「南はティーショットが豪快に打てるホールが続きましたね。距離はそれほどないけど、グリーンが小さい分、セカンドショットに気をつかいます。外すところを間違うと、バンカーが待ち構えていました」

 東はバックティーから1番(パー5)が573ヤード、4番(パー4)がミドルホールにもかかわらず475ヤードと距離はたっぷり。飛ばし屋の八木氏でも、その2ホールをともにボギーとするなどてこずった。

 「東は距離が長く、タフなホールが続く印象です。さらに両サイドからOBやハザードが迫っているので、ティーショットを気にしないといけません。全体的にパーオンすることが難しいので、アプローチをしっかり打たないとスコアメークできないですね」

【続きを読む】

  • 八木裕氏
  • 南の9番での2打目。グリーンの両サイドにバンカーが待ち構える
  • ガーリックライス