2019.9.12 05:01

プロ2年目・玉城「63」暫定首位!10番で会心イーグル/国内男子

プロ2年目・玉城「63」暫定首位!10番で会心イーグル/国内男子

AbemaTVツアー「ディライトワークスASPチャレンジ」で暫定首位の玉城海伍(JGTO提供)

AbemaTVツアー「ディライトワークスASPチャレンジ」で暫定首位の玉城海伍(JGTO提供)【拡大】

 Abemaツアー(下部ツアー)ディライトワークスASPチャレンジ(11日、栃木・太平洋C益子PGA C=6984ヤード、パー71)雷雨のためサスペンデッドとなった。昨年プロ転向した玉城海伍(23)=クリード沖縄=が、ボギーなしの1イーグル、6バーディーの8アンダー63で、13ホールを終了したドンファン(32)=韓国=と並び暫定首位に立った。主催者推薦で出場のプロ野球楽天元監督でサンケイスポーツ専属評論家、デーブ大久保(本名・大久保博元、52)=デーブカンパニー=は11ホールを終えて3オーバーの暫定123位。

 沖縄出身の玉城が暫定トップに立った。2、3番と連続バーディー。10番(パー5)では2オンに成功すると、1パットのイーグルを決め、顔をほころばせた。「調子はよくなかったが、確実にパーオンして、リズムに乗れればチャンスはある」とうなずいた。