2019.9.9 05:03(2/2ページ)

石川遼64!意地見せ5位、初日ダボ&2日目72の「うっぷん晴らし」/フジサンケイC

石川遼64!意地見せ5位、初日ダボ&2日目72の「うっぷん晴らし」/フジサンケイC

特集:
石川遼
6番、バーディーパットを決め、声援に応える石川遼=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・桐原正道)

6番、バーディーパットを決め、声援に応える石川遼=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・桐原正道)【拡大】

 「64」は富士桜での自身ベストスコア。この日の平均パットは1・36で全体のトップだった。2日目には同2・16で全体最下位にまで落ち込んだが、劇的に回復。好転のポイントに挙げたのが「修正力の質」だった。「ほんのわずかな差で、ほとんど何も変えていないレベル」と口では説明できないほど“微量”の修正。細部にまで気を配れる精神状態が、今の強さを支えている。

 最後は上位フィニッシュで賞金ランキング1位を維持。今季既に2勝と絶頂期並みの勢いをキープして、次戦の12日開幕「ANAオープン」に向かう。「出る試合で毎試合、優勝争いがしたい。いい内容のプレーをすれば、今はそれができる」と自信をみなぎらせる。来年、さらに強くなって富士の麓に帰ってくる。(原田遼太郎)

データBOX

 ◎…石川の「64」は富士桜での自身ベストスコア。これまでは優勝した2009年大会の第2ラウンドで記録した「65」が最高だった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • ティーショットが好調で64と伸ばした石川。今季の好調ぶりを証明した(撮影・桐原正道)
  • 18Hでティーショットを放つ石川遼=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・林俊志)
  • 17Hでバーディーパットを沈め、ガッツポーズをした石川遼=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・林俊志)
  • 17Hでラフからセカンドショットを放つ石川遼=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・林俊志)
  • 18Hでホールアウトし、ひきあげる石川遼=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・林俊志)
  • 石川遼・フジサンケイクラシック全成績