2019.8.31 12:26

山口すず夏「踏ん張ったのに…」10連続予選落ちに涙/米女子

山口すず夏「踏ん張ったのに…」10連続予選落ちに涙/米女子

第2ラウンド、ホールアウトした山口すず夏。通算1アンダーで予選落ち=コロンビアエッジウオーターCC(共同)

第2ラウンド、ホールアウトした山口すず夏。通算1アンダーで予選落ち=コロンビアエッジウオーターCC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのポートランド・クラシックは30日、オレゴン州ポートランドのコロンビアエッジウオーターCC(パー72)で第2ラウンドが行われ、山口すず夏は1アンダーで10戦連続となる予選落ち。

 5月以来の決勝ラウンド進出を目指した山口は2打及ばなかった。15番で四つ目のバーディーを奪ったが、17番はカラーから3パット、18番は1打目を右に曲げて連続ボギー。出場10試合連続の予選落ちに終わり「最後はもったいなかった。踏ん張ったのに…」と悔し涙がこぼれた。

 プロ1季目の19歳。ここまで17戦に出て、最高位は2月に自身の初戦でマークした22位にとどまる。試合のない次週は「経験のため」と下部ツアーに参戦。その後の米国での2戦は現時点では補欠のため「マンデー(予選会)にも出て出場を目指す。頑張りたい」と来季シードを諦めずに戦う。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ