2019.8.26 05:01

松山、13ホール終え暫定12位 落雷でサスペンデッド/米男子

松山、13ホール終え暫定12位 落雷でサスペンデッド/米男子

特集:
松山英樹
第3ラウンド、18番でティーショットを放つ松山英樹。通算6アンダーで6位=イーストレークGC(共同)

第3ラウンド、18番でティーショットを放つ松山英樹。通算6アンダーで6位=イーストレークGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフプレーオフ最終戦ツアー選手権第3日(24日、米ジョージア州アトランタ・イーストレイクGC=7346ヤード、パー70)雷雲が近づいたため中断中にコース内に落雷し、そのままサスペンデッドとなった。プレーを終えたのは4人で、第3ラウンド(R)の残りと最終Rは25日(日本時間26日)に行う。主催者によると16番ホール近くにいた観客6人が負傷した。松山英樹(27)=LEXUS=は13ホールを終えて通算4アンダーで暫定12位。ジャスティン・トーマス(26)=米国=が5ホールを終えて通算12アンダーで暫定首位。

 ショットが好調な松山が序盤からチャンスを演出。2番(パー3)でティーショットを60センチにつけてバーディー。5番(パー4)も1・5メートルにつけて伸ばした。ただ6番(パー5)、10番(パー4)、12番(パー4)といずれも2メートルのバーディーパットを決められず、ため息を漏らす場面もあった。13番ホールアウト後に中断し、トップと8打差の状態でサスペンデッドとなった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3ラウンド、7番で第3打を放つ松山英樹=イーストレークGC(共同)
  • 第3ラウンド、1番でラインを読む松山英樹=イーストレークGC(共同)