2019.8.23 11:49

野村敏京、棄権繰り返す「痛くて話せない」/米女子

野村敏京、棄権繰り返す「痛くて話せない」/米女子

第1ラウンド、途中棄権した野村敏京=マグナGC(共同)

第1ラウンド、途中棄権した野村敏京=マグナGC(共同)【拡大】

 CP女子オープンは22日、カナダ南東部オーロラのマグナGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、畑岡奈紗が5バーディー、2ボギーの69で4打差の16位につけた。横峯さくらは70で30位、上原彩子は71で46位。山口すず夏は75で112位と出遅れ、野村敏京は体調不良で途中棄権した。

 大会前に昨年から抱えている腰付近の痛みを訴えていた野村は途中棄権した。6月以降、エントリーはするものの棄権を繰り返している。

 1番からスタート。時折しゃがみ込みながら何とかプレーしていたが、8番で限界に達した。「痛くて話せない」と言葉を絞り出し、クラブハウスまで歩くこともできず、カートに乗って引き揚げた。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ