2019.8.19 15:41

ウッズ、マスターズ優勝は「とても特別だった」/米男子

ウッズ、マスターズ優勝は「とても特別だった」/米男子

特集:
マスターズ
タイガー・ウッズ
最終ラウンド、7番で第3打を放つタイガー・ウッズ。通算7アンダーで37位=メダイナCC(共同)

最終ラウンド、7番で第3打を放つタイガー・ウッズ。通算7アンダーで37位=メダイナCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦「BMW選手権」最終日(18日、米イリノイ州・メダイナCC、パー72)タイガー・ウッズ(43)=米国=は、通算7アンダーの37位。ポイントランキング上位30人が出場できる最終戦の「ツアー選手権」(22~25日、米ジョージア州・イーストレイクGC)に進めず、2019年シーズンを終えた。

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)はこの日、「タイガー、ツアー選手権の資格得られず」との見出しで速報。「彼(タイガー)が望むよりも、(シーズンの)終わりは早く訪れた。タイガー・ウッズは来週のツアー選手権の参加資格を得られず落胆したが、彼はマスターズを制覇した。それは2019年シーズンを振り返る上で、とても大きいことだ」と報じた。

 シーズンを振り返ったウッズは「(マスターズを制覇し)15度目のメジャー勝利を飾って5度目となる(グリーン)ジャケットを手にしたことはとても特別だった」とし、「残りの大会では望み通りのプレーはできなかったけど、結果的に僕は(マスターズで優勝して)グリーンジャケットを着ることができた」と喜びを口にした。

リーダーボードへツアー日程へ