2019.8.19 07:38

松山英樹、3位でツアー選手権出場決定 J・トーマスがV/米男子

松山英樹、3位でツアー選手権出場決定 J・トーマスがV/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、6番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算20アンダーで3位=メダイナCC(共同)

最終ラウンド、6番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算20アンダーで3位=メダイナCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフ・プレーオフ第2戦「BMW選手権」最終日(18日、米イリノイ州・メダイナCC、パー72)首位に10打差の9位から出た松山英樹(27)=LEXUS=は10バーディー、1ボギーの63をマーク。通算20アンダーで3位に入り、ポイントランキング上位30人が出場できる最終戦の「ツアー選手権」(22~25日、米ジョージア州・イーストレイクGC)に駒を進めた。タイガー・ウッズ(43)は通算7アンダーの37位で最終戦に進めなかった。ジャスティン・トーマス(26)=ともに米国=が通算25アンダーで逃げ切って今季初勝利。ツアー通算10勝目を飾った。

 怒濤の10バーディー(1ボギー)を量産した松山が、今季自己ベストタイの3位で締めくくった。

 「疲れました。6番でバンカーから入ったのは、トップ30を考える上では、非常に大きかった。11番までいいプレーができました」

 6番(パー4)でグリーン左18ヤードからの3打目が直接カップインするなど11番までで7バーディーを奪ってトップを猛追。最終18番(パー4)も4メートルを鮮やかに決めて第2ラウンドに続いての63をマークした。

 開幕前のポイントランキングでは33位。上位30人に与えられる最終戦の「ツアー選手権」出場に“黄色信号”が点灯したが、18人抜きの15位で6年連続6度目の出場を確定させた。「スイングに対しての気づきがあった」と松山。前日の第3ラウンドでは、実践できなかったが、この日は気づきをスコアに結び付けて手応えを感じていた。

 「ハンディがあるので、追いつくのは難しいが頑張りたい」

 収穫たっぷりの松山が22日開幕の最終戦で今季初勝利を目指す。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、14番でバーディーを決める松山英樹。通算20アンダーで3位=メダイナCC(共同)
  • 最終ラウンド、7番でバーディーを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹。通算20アンダーで3位=メダイナCC(共同)
  • 最終ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹。通算20アンダーで3位=メダイナCC(ロイター)
  • 通算25アンダーで優勝したジャスティン・トーマス=メダイナCC(共同)
  • 最終ラウンド、7番で第3打を放つタイガー・ウッズ。通算7アンダーで37位=メダイナCC(共同)