2019.8.19 05:03(1/2ページ)

渋野、V争いスマイルのち悔し涙…プレーオフ逃し3位/国内女子

渋野、V争いスマイルのち悔し涙…プレーオフ逃し3位/国内女子

特集:
渋野日向子
最終18番で入ればVのバーディーパットが外れ、シブい表情の渋野。返しも外して“終戦”となった (撮影・戸加里真司)

最終18番で入ればVのバーディーパットが外れ、シブい表情の渋野。返しも外して“終戦”となった (撮影・戸加里真司)【拡大】

 NEC軽井沢72最終日(18日、長野・軽井沢72G北C=6705ヤード、パー72)首位に1打差の2位から出た「AIG全英女子オープン」覇者の渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は68と伸ばしたが、通算13アンダーで首位に1打及ばず3位だった。今週は休み、29日開幕の「ニトリレディス」(北海道・小樽CC)に出場予定。穴井詩(らら、31)=GOLF5=が通算14アンダーで並んだイ・ミニョン(27)=韓国=とのプレーオフを制して今季初優勝、通算3勝目を挙げた。

 無理に笑おうとしても、涙がにじむ。渋野は最終18番(パー4)で2オン。バーディーなら優勝、パーなら3人のプレーオフ…。まさかの3パットに、顔がゆがんだ。

 「涙が出てきて…。人前で見せるものじゃないし、我慢しました。悔しい。最後以外はいいプレーができた。最後で台なしです」

 先にホールアウトした穴井、イ・ミニョンに並び首位で迎えた18番。第2打をピン右5メートルにつけた。2週前の「全英」で日本勢42年ぶりのメジャー制覇。決めたのは最終ホールでの約5メートルのバーディーパットだった。誰もが歓喜の再現を信じていた。

 「打った瞬間に、入らないと思った。18番のパットのときだけ緊張して手が動かなかった。よくわからないけど、手も震えていました」

【続きを読む】

  • こみあげる涙をこらえながらグリーンを後にする渋野
  • 渋野(左)は「ルーキー・オブ・ザ・NEC軽井沢72」賞を獲得。中央は優勝の穴井、右はベストアマチュアの安田祐香
  • 最終日、18番が3パットとなって優勝を逃した渋野日向子=軽井沢72
  • 18番ホールカップインしたボールをピックアップする渋野日向子=長野県軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司)
  • 18番ホール優勝を逃し、ボギーパットに向かう渋野日向子=長野県軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司)
  • 16番ホールティーショットを放つも、フェアウェイにのらず苦笑いの渋野日向子=長野県軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司)
  • グリーンを見つめる渋野日向子=長野県軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つアマチュアの大田紗羅=長野県軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司)
  • 記念撮影におさまる(左から)「ルーキー・オブ・ザ・NEC軽井沢72賞」の渋野日向子、「ベストアマチュア賞」の安田祐香=長野県軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司)
  • 「ベストアマチュア賞」を受賞し、記念撮影におさまるアマチュアの安田祐香=長野県軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司)
  • 18番ホール、パーパットを外し、パターで自分の脚を叩く渋野日向子=長野県軽井沢町の軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・戸加里真司)
  • 渋野日向子・今季ツアー成績