2019.8.16 10:21

松山25位、安定ショットでボギーなし/米男子

松山25位、安定ショットでボギーなし/米男子

特集:
松山英樹
第1ラウンド、3番でティーショットを放つ松山英樹。3アンダーで25位=メダイナCC(共同)

第1ラウンド、3番でティーショットを放つ松山英樹。3アンダーで25位=メダイナCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、BMW選手権は15日、イリノイ州メダイナのメダイナCC(パー72)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は3バーディー、ボギーなしの69で首位と4打差の25位となった。

 松山は「ここ最近ではいいショットが打てた」とボギーなしの安定したラウンド。チャンスを逃す場面もあったが、手応えをのぞかせた。

 1、3番と序盤にバーディーを重ねたが、パー5の5番は2オンしながらも16メートルの距離を「もったいなかった」という3パット。中盤も好機を生かせず伸び悩み、1メートル強につけた16番でようやく一つ伸ばすと、ほっとした表情を見せた。32パットを要したが「良くなる気配もある」と悲観はしなかった。

 シーズン総合ポイントは現在33位で、最終戦に6年連続出場するには30位以内に上げる必要がある。「油断しないようにいきたい」と練習グリーンへ向かった。(共同)