2019.8.15 05:01

唐下、66で首位発進「まずは予選通過したい」

唐下、66で首位発進「まずは予選通過したい」

 日本ジュニア選手権第1日(14日、埼玉・霞ヶ関CC東C=7466ヤード、パー71)全員がホールアウトした男子15-17歳の部では、唐下明徒(とうげ・はると、17)=瀬戸内高2年=が5アンダー66で首位に並び発進。初体験の総距離7466ヤードのコースにも動じず、14番(632ヤード、パー5)では残り110ヤードからの第3打を2・5メートルにつけてバーディー。「五輪に出る選手はどのくらい飛ぶのか話しながらプレーした。まずは予選通過したい」と謙虚だった。