2019.8.14 21:04

悪天候時の誘導に課題 五輪テスト大会

悪天候時の誘導に課題 五輪テスト大会

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねるゴルフの日本ジュニア選手権は14日、埼玉県川越市の霞ケ関CCで第1ラウンドが行われ、五輪で使用される東コースで争われた男子15~17歳の部で球の位置やスコアを集計するシステムが試された。

 悪天候時のギャラリーの誘導も課題に浮上した。激しい雨の中、選手の家族や関係者が行き場を失う場面もあり、森大会運営局次長は「雷対策は重要視している。どういう形でギャラリーを誘導するか、検証に入っていく」と話した。

 心配された暑さに関しては天候が崩れたこともあり、大きな混乱は見受けられなかった。