2019.8.11 09:20

松山英樹「珍しくロングパットが入ってくれた」 7打差17位に/米男子

松山英樹「珍しくロングパットが入ってくれた」 7打差17位に/米男子

特集:
松山英樹
第3ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹=リバティーナショナルGC(共同)

第3ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹=リバティーナショナルGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦、ノーザントラストは10日、ニュージャージー州ジャージーシティーのリバティーナショナルGC(パー71)で第3ラウンドが行われ、20位で出た松山英樹は強風の中で4バーディー、3ボギーの70で回り、通算7アンダーの206で17位に順位を上げた。首位とは7打差。

 67と伸ばしたパトリック・リード(米国)が通算14アンダー、199でトップ。1打差の2位にアブラハム・アンサー(メキシコ)がつけた。(共同)

松山英樹の話「なかなかチャンスにつけられず大変だった。これだけ風が強いとグリーン上も影響されて難しかったが、珍しくロングパットが入ってくれた。終盤粘れてアンダーパーにできたのはすごく良かった」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3ラウンド、7番でラインを読む松山英樹=リバティーナショナルGC(共同)