2019.8.11 17:14

原英莉花「1番は脳がまだ起きていなかったみたい」 日本勢トップの4位/国内女子

原英莉花「1番は脳がまだ起きていなかったみたい」 日本勢トップの4位/国内女子

最終日、ティーショットを放つ原英莉花=札幌国際CC

最終日、ティーショットを放つ原英莉花=札幌国際CC【拡大】

 北海道meijiカップ最終日(11日、北海道札幌国際CC=6531ヤード、パー72)25歳のペ・ソンウ(韓国)が、通算12アンダーで並んだテレサ・ルー(台湾)とのプレーオフを制し初優勝を果たした。アン・ソンジュ(韓国)が1打差の3位、66の原英莉花が通算9アンダーの4位。小祝さくらと申ジエ(韓国)が8アンダーの5位だった。

 12位から出た原英が3日間で最少の66を出し、日本勢トップの4位となった。1番でいきなり3パットのボギーをたたいたが、続く2番で10メートル以上のバーディーパットを沈め「あれで自信が持てた。1番は脳がまだ起きていなかったみたい」と勢いづいた。

 昨年のプロテストで渋野と同期合格し、今季ツアー初勝利を挙げた。173センチの身長を生かした鋭いショットを武器に、計8バーディー(2ボギー)。最終18番は4メートルを決め「最後も超うれしかった」と笑みが絶えなかった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終日、18番でバーディーを奪いガッツポーズの原英莉花=札幌国際CC
  • 6番ホール、第3打を放つ原英莉花=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 団扇を手にする原英莉花=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)
  • 団扇を手にする原英莉花=北海道北広島市の札幌国際カントリークラブ島松コース(撮影・戸加里真司)