2019.8.10 10:03

松山英樹は20位に浮上 ウッズは脇腹の痛みで棄権/米男子

松山英樹は20位に浮上 ウッズは脇腹の痛みで棄権/米男子

特集:
松山英樹
タイガー・ウッズ
第2ラウンド、5番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹。通算6アンダーで20位=リバティ・ナショナルGC(共同)

第2ラウンド、5番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹。通算6アンダーで20位=リバティ・ナショナルGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦、ノーザントラストは9日、ニュージャージー州ジャージーシティーのリバティーナショナルGC(パー71)で第2ラウンドが行われ、33位で出た松山英樹は5バーディー、1ダブルボギーの68で回り、通算6アンダーの136で20位に浮上した。首位とは6打差。

 67で回ったダスティン・ジョンソンが通算12アンダー、130でトップ。1打差の2位にジョーダン・スピースがつけた。タイガー・ウッズ(いずれも米国)はスタート前に脇腹の痛みを訴えて棄権した。(共同)

松山英樹の話「前半はうまくいったが、その後はチャンスで入らなかったり、ミスショットもたくさんあった。(ダブルボギーの)16番のミスは大きかったが、17番でバーディーを取れ、最後もボギーを打たずに終われたのは良かった」

リーダーボードへツアー日程へ