2019.8.10 05:01

松山、追い上げ宣言「たらたらしない」6打差33位発進/米男子

松山、追い上げ宣言「たらたらしない」6打差33位発進/米男子

特集:
松山英樹
第1ラウンド、3番で第3打を放つ松山英樹=リバティーナショナルGC(共同)

第1ラウンド、3番で第3打を放つ松山英樹=リバティーナショナルGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフ・プレーオフ第1戦ノーザントラスト第1日(8日、米ニュージャージー州ジャージーシティー、リバティーナショナルGC=7370ヤード、パー71)プレーオフ第1戦。松山英樹(27)=LEXUS=は5バーディー、2ボギーの3アンダー68で回り、首位に6打差の33位となった。9アンダー62をマークしたトロイ・メリット(33)がトップ。タイガー・ウッズ(43)=ともに米国=は4オーバー75で116位と大きく出遅れた。

 初の年間王者を目指す松山は、インから出て12番(パー4)から3連続バーディー。終盤も6、8番のパー5で確実にスコアを伸ばし、ボギーも2つにとどめた。前週の「AIG全英女子オープン」を制した渋野日向子がプレー中に食べていた菓子「タラタラしてんじゃね~よ」にひっかけて、「ショットは悪くない。“たらたら”しないように頑張りたい」と追い上げを誓った。

フェデックスカップ(年間総合優勝)プレーオフシリーズ

 今季から1試合減って3試合での実施。第1戦「ノーザントラスト」はフェデックスポイントランキングの上位125位で争われ、第2戦「BMW選手権」(15~18日、米イリノイ州)には同70位、最終戦「ツアー選手権」(22~25日、米ジョージア州)には同30位までが進出。最終戦はポイントも順位に応じてリセットされる。年間総合優勝すればボーナス1500万ドル(約15億7500万円)が獲得できる。

リーダーボードへツアー日程へ