2019.8.9 10:40

ウッズは厳しい表情「少し痛みは続いている」/米男子

ウッズは厳しい表情「少し痛みは続いている」/米男子

特集:
タイガー・ウッズ

 米男子ゴルフ・プレーオフ第1戦ノーザントラスト第1日(8日、米ニュージャージー州ジャージーシティー、リバティーナショナルGC=7370ヤード、パー71)10番からスタートしたウッズは、パー3の14番でティーショットを茂みに打ち込みダブルボギーにするなどアイアンショットが不調。「ショットもさえずパットも入らなかった」と4オーバーに厳しい表情だった。

 前日から腰の痛みがあり主にアプローチとパットだけで調整。この日も「まだ少し痛みは続いている」と諦め顔。「2日目は何とか伸ばして、週末もプレーしたい」と予選通過を目指す。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ