2019.8.6 05:01

西脇市パインレークGC支配人「すごい」 渋野がジュニア時代から練習

西脇市パインレークGC支配人「すごい」 渋野がジュニア時代から練習

特集:
渋野日向子
優勝後の共同会見に臨む渋野。通訳を介しながらもユーモラスなやり取りに、会場にも笑いが広がった (共同)

優勝後の共同会見に臨む渋野。通訳を介しながらもユーモラスなやり取りに、会場にも笑いが広がった (共同)【拡大】

 AIG全英女子オープン最終日(4日、英国・ウォーバーンGC=6744ヤード、パー72)2打差の首位から出た渋野日向子(20)=RSK山陽放送=が7バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68で回り、通算18アンダーでメジャー初優勝を飾った。

 渋野がジュニア時代から練習している兵庫・西脇市のパインレークGCの西山善崇支配人(54)も5日、「すごいの一言。最後も“シブコスマイル”が見られてよかったです」と喜んだ。渋野は明るい性格で同GCの会員からも人気。「同じ林間コースで、雰囲気が似ていると思いました。ラウンド前にパットの練習を黙々とやっていました。その成果が最後のバーディーパットにつながったと思います」。会員とともに優勝のお祝いを検討していくという。

リーダーボードへツアー日程へ