2019.8.4 05:03(2/2ページ)

渋野日向子、2位キープ!日本女子2人目快挙へ快進撃止まらん/米女子

渋野日向子、2位キープ!日本女子2人目快挙へ快進撃止まらん/米女子

特集:
渋野日向子
第2ラウンド、16番でバーディーパットを決め、ギャラリーの歓声に応える渋野日向子=ウォバーンGC(共同)

第2ラウンド、16番でバーディーパットを決め、ギャラリーの歓声に応える渋野日向子=ウォバーンGC(共同)【拡大】

 大暴れのダークホースに、ギャラリーの目が集まりつつある。海外メディアも増え、ラウンド中と同様に笑顔で対応。英国のトイレの話題に及ぶと、通訳を介して「(大きくて)水の中に落ちるかと思った」と笑わせる一幕もあった。ある海外の記者が「あなたは“スマイル・シンデレラ”ね」と名付けるほどだ。

 「緊張すると思うけど、欲張らずに来年の出場権を取りたい」と、来年出場の条件となる15位以内に目標を設定。それでも1977年「全米女子プロ」を制した樋口久子以来、男女を通じて日本勢2人目のメジャー制覇へ期待が膨らむ。笑顔のシンデレラが偉業に挑む。

渋野 日向子(しぶの・ひなこ)

 1998(平成10)年11月15日生まれ、20歳。岡山市出身。8歳からゴルフを始める。中学1年から「岡山県ジュニア」3連覇。作陽高を卒業した2017年にTP単年登録してプロ転向。18年プロテスト合格。今年5月の「ワールドレディスサロンパス杯」でツアー初優勝。今季2勝を挙げて獲得賞金7820万8570円でランキング2位(3日現在)。165センチ、62キロ。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3Rを最終組でスタートした渋野。世界の猛者に交じって奮闘だ(共同)
  • 第2ラウンド、11番でバンカーショットを放つ渋野日向子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、16番でバーディーパットを決める渋野日向子=ウォバーンGC(共同)
  • 第3ラウンド、2番でティーショットを放つ横峯さくら=ウォバーンGC(共同)
  • 第3ラウンド、2番でティーショットを放つ上原彩子=ウォバーンGC(共同)
  • 第3ラウンド、1番で第2打を放つ勝みなみ=ウォバーンGC(共同)
  • 第3ラウンド、1番で第2打を放つ上田桃子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、通算4オーバーで予選落ちした鈴木愛=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、通算5オーバーで予選落ちした比嘉真美子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、通算8オーバーで予選落ちした畑岡奈紗=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、10番で第3打を放つ上原彩子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、18番でバーディーパットを決める安田祐香=ウォバーンGC(共同)