2019.8.4 05:03(1/2ページ)

渋野日向子、2位キープ!日本女子2人目快挙へ快進撃止まらん/米女子

渋野日向子、2位キープ!日本女子2人目快挙へ快進撃止まらん/米女子

特集:
渋野日向子
第3Rを最終組でスタートした渋野。世界の猛者に交じって奮闘だ (共同)

第3Rを最終組でスタートした渋野。世界の猛者に交じって奮闘だ (共同)【拡大】

 AIG全英女子オープン第3日(3日、英国・ウォーバーンGC=6744ヤード、パー72)第3ラウンド(R)がスタート。前日の第2Rで首位に3打差の2位につけた渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は8ホールを終えて1バーディー、1ボギーで通算9アンダー。36位から出た横峯さくら(33)=エプソン=が67の好スコアで通算6アンダーに伸ばした。48位から出た勝みなみ(21)=明治安田生命=は70で回り通算2アンダー。第2Rではアシュリー・ブハイ(30)=南アフリカ=が通算12アンダーで単独首位。

 快進撃が止まらない。20歳の渋野は決勝Rでもトレードマークの笑顔を絶やさず、首位のブハイと最終組でスタート。多くのギャラリーを引き連れて、1番(パー4)は約3メートルのバーディーパットを決められなかったが、パー5の2番で第3打をピンに寄せて早速バーディーを奪った。

 前日の第2Rでは2番と3番(パー4)で連続バーディー。4番(パー4)で下り4メートルのパットを「恐る恐る打ったらショートした」と消極的なボギーをたたいたが、5番(パー4)で鋭いショットを連発してすぐに取り返した。

 第1Rに6バーディーと猛チャージした後半は辛抱強くパーを重ね、パー4の16番で第2打をピン手前にぴたり。バーディーパットを沈めて、第2Rは69。本人は「できすぎ」「びっくり」を繰り返したが、第1Rの66が実力だったことを証明した。

【続きを読む】

  • 第2ラウンド、16番でバーディーパットを決め、ギャラリーの歓声に応える渋野日向子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、11番でバンカーショットを放つ渋野日向子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、16番でバーディーパットを決める渋野日向子=ウォバーンGC(共同)
  • 第3ラウンド、2番でティーショットを放つ横峯さくら=ウォバーンGC(共同)
  • 第3ラウンド、2番でティーショットを放つ上原彩子=ウォバーンGC(共同)
  • 第3ラウンド、1番で第2打を放つ勝みなみ=ウォバーンGC(共同)
  • 第3ラウンド、1番で第2打を放つ上田桃子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、通算4オーバーで予選落ちした鈴木愛=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、通算5オーバーで予選落ちした比嘉真美子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、通算8オーバーで予選落ちした畑岡奈紗=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、10番で第3打を放つ上原彩子=ウォバーンGC(共同)
  • 第2ラウンド、18番でバーディーパットを決める安田祐香=ウォバーンGC(共同)