2019.8.3 11:09

松山英樹、2度の予選落ち「徐々に良くなってると信じたい」/米男子

松山英樹、2度の予選落ち「徐々に良くなってると信じたい」/米男子

特集:
松山英樹
第2ラウンド、9番でバーディーパットを外した松山英樹=セッジフィールドCC(共同)

第2ラウンド、9番でバーディーパットを外した松山英樹=セッジフィールドCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダム選手権は2日、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は70と伸ばせず、通算3アンダー、137で予選落ちした。71と落とした小平智も通算3アンダーで予選落ち。

 松山は予選通過に1打、及ばなかった。46位からスタートし、5ホール目の14番でボギー。すぐに2連続バーディーで挽回したが、17番で痛いトリプルボギーをたたいてしまった。

 ここ3週で2度の予選落ち。納得できるパットはあるものの、続かない。「徐々に良くなってると信じたい。うまく流れに乗れば、上位で戦っていてもおかしくない内容。その流れが続かないのが現状」ともどかしそうだった。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ