2019.8.2 09:16

小平、27位発進 松山は46位/米男子

小平、27位発進 松山は46位/米男子

特集:
松山英樹
第1ラウンド、2番でティーショットを放つ小平智=セッジフィールドCC(共同)

第1ラウンド、2番でティーショットを放つ小平智=セッジフィールドCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダム選手権は1日、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、小平智はボギーなしの4バーディーの66で回り、首位と4打差の27位とした。松山英樹は67で46位。

 62をマークした安秉勲、任成宰(ともに韓国)が首位で並んだ。1打差の3位でマッケンジー・ヒューズ(カナダ)ら4人が続いた。(共同)

小平智の話「最初から流れが良く、ノーボギーで回れた。1カ月ぐらい前からだいぶ調子が上がってきて、それが徐々に形になってきた。スコアに出るようになって、自信にもなるし、手応えを感じている」

松山英樹の話「いいところと悪いところがはっきりしていた。あとは本当にもう少しのものをしっかりと全体的にうまくやれれば、上にもついていけると思うし、勝つチャンスも増えるんじゃないかなと思う」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、5番でティーショットを放つ松山英樹=セッジフィールドCC(共同)