2019.7.30 05:01

松山、見せ場なく43位「歯車が狂った」/米男子

松山、見せ場なく43位「歯車が狂った」/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、11番でギャラリーの声援に応える松山英樹。通算イーブンパーで43位=TPCサウスウインド(共同)

最終ラウンド、11番でギャラリーの声援に応える松山英樹。通算イーブンパーで43位=TPCサウスウインド(共同)【拡大】

 男子ゴルフ・世界選手権シリーズフェデックスセントジュード招待最終日(28日、米テネシー州メンフィス、TPCサウスウインド=7237ヤード、パー70)首位に7打差の15位から出た今平周吾(26)=フリー=は72で回り、通算3アンダーの27位に終わった。30位から出た松山英樹(27)=LEXUS=も72で、通算イーブンパーの43位だった。65で回ったブルックス・ケプカ(29)=米国=が通算16アンダーで優勝。今季3勝目で通算7勝とした。

 松山は65で2位発進した初日の勢いが持たず、1バーディー、3ボギーと見せ場も少なかった。4日間のフェアウエーキープ率、パーオン率はともに18位と悪くない。「何かがずれている。歯車が狂っているから、こんだけうまくいかない」と伸びない原因を測りかねている。8月1日からレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」に臨む。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、11番でバンカーショットを放つ松山英樹=TPCサウスウインド(共同)
  • 最終ラウンド、1番でバンカーショットを放つ松山英樹=TPCサウスウインド(共同)
  • 最終ラウンド、18番で第2打を放つ今平周吾=TPCサウスウインド(共同)
  • 最終ラウンド、ホールアウトする市原弘大=TPCサウスウインド(共同)
  • 最終ラウンド、通算16アンダーで優勝し、トロフィーを掲げるブルックス・ケプカ=TPCサウスウインド(共同)