2019.7.28 16:15

19歳の稲見萌寧が初優勝/国内女子

19歳の稲見萌寧が初優勝/国内女子

初優勝した稲見萌寧=石坂GC(撮影・高橋朋彦)

初優勝した稲見萌寧=石坂GC(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 センチュリー21レディース最終日(28日、埼玉県石坂GC=6470ヤード、パー72)首位で出た19歳の稲見萌寧が5バーディー、3ボギーの70と伸ばし、通算9アンダー、207でツアー初優勝を飾った。優勝賞金は1440万円。稲見は29日が20歳の誕生日。

 1打差の2位に68をマークした青木瀬令奈と67で回ったイ・ナリ(韓国)が入った。さらに1打差で笠りつ子と臼井麗香が続いた。前日2位の原英莉花は72と伸ばせず、前週優勝者で66と追い上げた小祝さくららと通算5アンダーの7位だった。(出場52選手、晴れ、気温33・0度、南南東の風2・9メートル、観衆5708人)

稲見萌寧「うれしい気持ちでいっぱい。95パーセントは実力を出せた。勝ってやるぞという気持ちを貫いた。(29日で20歳になる)自分にとって最高のプレゼントになった」

リーダーボードへツアー日程へ

  • バーディーパットを決め、初優勝した稲見萌寧=石坂GC(撮影・高橋朋彦)
  • バーディーパットを決め、初優勝した稲見萌寧=石坂GC(撮影・高橋朋彦)
  • バーディーパットを決め、初優勝した稲見萌寧=石坂GC(撮影・高橋朋彦)
  • 初優勝し、キャディーと喜び合う稲見萌寧=石坂GC(撮影・高橋朋彦)
  • 初優勝し、涙を流した稲見萌寧=石坂GC(撮影・高橋朋彦)