2019.7.25 22:41

奈紗、ショットの不安解消「思っていたよりピンに絡んだ」/米女子

奈紗、ショットの不安解消「思っていたよりピンに絡んだ」/米女子

特集:
畑岡奈紗
第1ラウンド、13番でティーショットを放つ畑岡奈紗=エビアン・リゾートGC(共同)

第1ラウンド、13番でティーショットを放つ畑岡奈紗=エビアン・リゾートGC(共同)【拡大】

 女子ゴルフのメジャー第4戦、エビアン選手権は25日、フランス南東部エビアンのエビアン・リゾートGC(パー71)で開幕して第1ラウンドが行われ、アマチュアで18歳の安田祐香が4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で回った。畑岡奈紗は1バーディー、3ボギーの73だった。

 世界ランキング6位の畑岡は好スタートを切ることはできなかったが、不安だったショットの感覚が良くなったという。「思っていたよりピンに絡んだ」とまずまずの表情だった。

 2番でボギーが先行したが、4番で第2打を2メートルにつけて取り戻す。その後は何度かあった3、4メートルのバーディーチャンスを決めきれなかった。パット次第で上位進出のイメージはあるようで「前半にイーブンパーに戻して、後半に三つ、四つ伸ばしたい」と第2ラウンドの青写真を描いた。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、13番でパットを放つ畑岡奈紗=エビアン・リゾートGC(共同)
  • 第1ラウンド、1番でティーショットを放つ畑岡奈紗=エビアン・リゾートGC(共同)