2019.7.12 19:51

河本結「勝負の日だと思ってコースに入った」 成長示す2位/国内女子

河本結「勝負の日だと思ってコースに入った」 成長示す2位/国内女子

17番ホールでバーディーを決め、笑顔の河本結=北海道・桂GC

17番ホールでバーディーを決め、笑顔の河本結=北海道・桂GC【拡大】

 ニッポンハム・レディース第2日(12日、北海道桂GC=6602ヤード、パー72)ツアー未勝利で19歳のS・ランクン(タイ)が12位から65をマークし、通算10アンダー、134で首位に立った。首位から出た河本結は69で回って1打差の2位。

 初日首位の20歳、河本が69で回って2位で予選を通過。ラウンド前は雨や風が強まる予報とあって「勝負の日だと思ってコースに入った」という。前半のアウトをイーブンとすると、後半は三つ伸ばして首位と1打差で終えた。

 ここ6試合でトップ5が5度と2勝目にあと一歩の展開が続く。壁を乗り越えるため「予選はまだがっつり気合を入れていない。(それで2位は)成長の証し」と残り2ラウンドに自信をのぞかせた。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 18番ホールのグリーンで順番を待つ河本結=北海道・桂GC
  • 10番ホールでティーショットを放つ河本結=北海道・桂GC
  • 12番ホール、バンカーからアプローチショットを放つ河本結=桂ゴルフ倶楽部