2019.7.7 08:58

松山、2打差6位に浮上 小平は59位/米男子

松山、2打差6位に浮上 小平は59位/米男子

特集:
松山英樹
第3ラウンド、8番でバンカーショットを放つ松山英樹=TPCツインシティーズ(共同)

第3ラウンド、8番でバンカーショットを放つ松山英樹=TPCツインシティーズ(共同)【拡大】

 米男子ゴルフの3Mオープンは6日、ミネソタ州ブレインのTPCツインシティーズ(パー71)で第3ラウンドが行われ、11位で出た松山英樹は1イーグル、5バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算13アンダー、200で首位と2打差の6位に浮上した。小平智は70で回り通算6アンダーの59位。

 ブライソン・デシャンボー、マシュー・ウルフ、コリン・モリカワ(いずれも米国)の3人が通算15アンダー、198で首位に並んだ。(共同)

松山英樹の話「12番までは10アンダーくらいいってもおかしくない感じだった。(12番の)イーグルで気持ちが乗ったけど、一瞬だった。そのあとはもやもやするゴルフをしてしまった。最終日は自分の日になるようにしたい」

小平智の話「前半は流れが悪かったけれど、うまく切り替えることができた。ショットが良いので不安もなく、いつかバーディーが来ると思っていた。ずるずると崩れずに戻せたのは成長だと思う」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3ラウンド、12番でイーグルを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹=TPCツインシティーズ(共同)
  • 第3ラウンド、ショットを放つ小平智=TPCツインシティーズ(共同)