2019.7.5 11:06

松山、64で2打差2位発進「上のほうにいるのは気持ちいい」/米男子

松山、64で2打差2位発進「上のほうにいるのは気持ちいい」/米男子

特集:
松山英樹
第1ラウンド、7アンダーで2位の松山英樹=TPCツインシティーズ(共同)

第1ラウンド、7アンダーで2位の松山英樹=TPCツインシティーズ(共同)【拡大】

 米男子ゴルフの3Mオープンは4日、ミネソタ州ブレインのTPCツインシティーズ(パー71)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は8バーディー、1ボギーで64をマークし、2位につけた。小平智は70で71位。

 9バーディーを奪ったスコット・ピアシー(米国)が62で首位発進。アダム・ハドウィン(カナダ)が2位に並んだ。(共同)

松山英樹の話「淡々とできた。最初の方にパットがぽんぽんと入ってくれたので、いい流れでいけた。スコアにはとても満足している。やっぱり上のほうにいるのは気持ちいい」

小平智の話「ドライバーショットは悪かったが、アイアンのイメージが良かったし、パットは際どいのも入ってくれた。10番のトリプルボギーはもったいなかったが、アンダーパーで上がれてよかった」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、1番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹=TPCツインシティーズ(共同)
  • 第1ラウンド、1アンダーで71位の小平智=TPCツインシティーズ(共同)
  • 第1ラウンド、6番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える小平智=TPCツインシティーズ(共同)