2019.7.1 09:14

ラシュリー初V、松山は13位/米男子

ラシュリー初V、松山は13位/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、通算25アンダーで優勝したネート・ラシュリー=デトロイトGC(共同)

最終ラウンド、通算25アンダーで優勝したネート・ラシュリー=デトロイトGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのロケットモーゲージ・クラシックは6月30日、デトロイトのデトロイトGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、第1日から首位を走った36歳のネート・ラシュリー(米国)が70で通算25アンダー、263としてツアー初優勝した。優勝賞金は131万4000ドル(約1億4200万円)。

 松山英樹は1イーグル、3バーディー、3ボギーの70で回り通算15アンダーで13位だった。ドック・レッドマン(米国)が19アンダーに伸ばし2位となった。(共同)

松山英樹の話「駄目な方向に行ってしまった。前半はパットが入ってくれたけど、後半はチャンスにつけてもうまく打てず、バーディーがなかった。かみ合えばバーディーを取れるよう(な状態)になっているので、良い部分を増やしたい」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、9番でティーショットを放つ松山英樹=デトロイトGC(共同)
  • 最終ラウンド、17番でバンカーショットを放つ松山英樹=デトロイトGC(共同)