2019.6.17 14:31

ウッズは最終日「序盤で苦戦も力強いフィニッシュを飾った」/全米OP

ウッズは最終日「序盤で苦戦も力強いフィニッシュを飾った」/全米OP

特集:
全米オープン
タイガー・ウッズ
通算2アンダーでホールアウトしたタイガー・ウッズ=ペブルビーチ・リンクス(共同)

通算2アンダーでホールアウトしたタイガー・ウッズ=ペブルビーチ・リンクス(共同)【拡大】

 男子ゴルフの今季メジャー第3戦「全米オープン」最終日(現地時間16日、米カリフォルニア州ペブルビーチ・リンクス=パー71)タイガー・ウッズ(43)=米国=は、松山英樹(27)=LEXUS=と並び通算2アンダーの21位だった。首位から出たゲーリー・ウッドランド(35)=米国=が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算13アンダーでメジャー初優勝を挙げた。

 PGA公式サイトはこの日、「ペブルビーチでの最終ラウンド、タイガー序盤で苦戦も力強いフィニッシュ飾る」との見出しで速報した。

 同サイトは「ウッズは、日曜日の全米オープンの最終ラウンドでコースの中でも比較的楽なホールでアドバンテージを取るのに失敗し、苛立ちを隠せない状況は続いた」とし、「実際、ウッズは最初の6ホールを終え4オーバーとなり通算82度目となるPGAツアーでの奇跡の優勝はなくなったが、そこからペブルビーチの中でも難しいとされるホールで目を見開くような立ち直りをみせ、6つのバーディーを奪い、2アンダー69で今週ベストのスコアを出した」と報じた。

リーダーボードへツアー日程へ

  • ギャラリーの声援に応えながら18番グリーンに向かうタイガー・ウッズ。通算2アンダー=ペブルビーチ・リンクス(共同)