2019.6.15 05:02

デビュー連勝へ手嶋、3打差3位発進!/国内シニア

デビュー連勝へ手嶋、3打差3位発進!/国内シニア

首位に3打差の3位で発進した手嶋多一

首位に3打差の3位で発進した手嶋多一【拡大】

 シニアゴルフ・スターツシニア第1日(14日、茨城・スターツ笠間GC=6959ヤード、パー72)レギュラーツアー通算8勝で、今季シニアデビューした手嶋多一(50)=ミズノ=が5バーディー、1ボギーの4アンダー68で回り、首位に3打差の3位で発進した。2017、18年と大会を連覇中のプラヤド・マークセン(53)=タイ=が7アンダーでトップ。谷口徹(51)=フリー=が5アンダーで2位につけた。

 ミツバチが飛び、サツキが咲き誇る笠間で、手嶋がシニアツアー2勝目へ好発進した。

 「予定通り。シニアはプレーが速くてやりやすい」

 2番(パー5)の3打目をピン3メートルにぴたり。17番(パー3)で7メートルを沈めると、18番(パー5)はグリーン奧からパターで寄せ、連続バーディーでホールアウトした。

 第2日はマークセン、谷口と同組になった。5月のレギュラーツアー「ダイヤモンドカップ」予選ラウンドも昨年大会に続いて同じ3人で回っており、手嶋は「変な組み合わせですね」とびっくり。

 シニアツアーは開幕戦の「金秀シニア」で初出場優勝し、今大会が2戦目。「あした次第。どう乗り越えるか」。なじみの顔ぶれを相手に存在感を示し、2勝目を確実にする。 (川並温美)

 【主催】スターツコーポレーション株式会社&スターツグループ

 【主管】公益社団法人日本プロゴルフ協会

 【後援】BSテレビ東京、笠間市、笠間市教育委員会、サンケイスポーツほか