2019.6.14 05:03

ボミ、華麗に2打差3位!昨年4月以来の1桁順位スタート/国内女子

ボミ、華麗に2打差3位!昨年4月以来の1桁順位スタート/国内女子

久しぶりの上位発進を決めたイ・ボミ。完全復活が待たれる (撮影・中島信生)

久しぶりの上位発進を決めたイ・ボミ。完全復活が待たれる (撮影・中島信生)【拡大】

 宮里藍サントリーレディス第1日(13日、兵庫・六甲国際GC=6511ヤード、パー72)2015、16年賞金女王のイ・ボミ(30)=韓国=が6バーディー、1ボギーの5アンダー67で回り、首位に2打差の3位と好発進した。7アンダー65のイ・ミニョン(27)=韓国=が首位で、1打差の2位に新垣比菜(20)=ダイキン工業。2週前の海外メジャー「全米女子オープン」で5位に入った比嘉真美子(25)=TOYO TIRE=は7位につけた。(サンケイスポーツ後援)

 悩める元女王に“三分咲き”の笑顔が戻った。今季自己ベストの67。イ・ボミが照れくさそうにインタビュールームにやってきた。

 「もうここに来ることはないと思っていた。ティーショットもアイアンショットもパットも良かった」

 2打差の3位発進。同じく3位で滑り出した昨年4月の「サイバーエージェントレディス」以来、実に29試合ぶりの1桁順位スタートだ。出だしの1番(パー5)で3メートルを沈め、初日のスタートホールでバーディーを奪ったのも同大会以来。よーいドンでつまずき、ボギーを重ねる負の連鎖にピリオドを打った。

 「今まで完璧を求めて、ミスをしたくないという気持ちが強すぎた。まだ不安はあるけど、失敗しても大丈夫だと思ったら楽になった」

 2015年に国内男女ツアーで初めて年間2億円超えを達成し、初の賞金女王に輝いた。翌16年も2年連続の戴冠。だが17年は1勝のみ。昨季はトップ10入りもなく賞金ランキング83位とどん底を味わった。複数年シードの最終年の今季も同ランキング76位と低空飛行が続く。

 8月には31歳になる。関係者によると、シード復活に失敗しても来季の出場優先順位を決めるQT(予選会)に出場する意思は今のところない。その先には「引退」の二文字もちらつく。

 この日、同じ韓国人のメンタルトレーナーが帯同。「先週から話をするようになった。勝てなくなったトップアスリートがどうやって強さを取り戻したかなどを聞いている」。心は少し軽くなった。今でも人気は断トツ。誰もが満開のボミちゃんスマイルを待っている。 (臼杵孝志)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 大会アンバサダーの宮里藍さん。ギャラリープラザで生ビールを注ぐ“サービス”も
  • 3位タイで終了したイ・ボミ=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 3位タイで終了したイ・ボミ=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス3位タイで終了したイ・ボミ=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス3位タイで終了したイ・ボミ=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス3位タイで終了したイ・ボミ=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス3位タイで終了したイ・ボミ=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス単独2位で終了した新垣比菜。同組の比嘉真美子と健闘をたたえ合う=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス3位タイで終了した竹内美雪=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス7位タイで終了した高橋彩華=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス63位タイと出遅れた勝みなみ=六甲国際GC(撮影・中島信生)
  • 宮里藍サントリーレディス7位タイで終了した宮里美香=六甲国際GC(撮影・中島信生)