2019.6.13 19:46

全米5位の比嘉は68 首位と3打差も「もっといけた気持ちの方が強い」/国内女子

全米5位の比嘉は68 首位と3打差も「もっといけた気持ちの方が強い」/国内女子

宮里藍サントリーレディス 単独2位で終了した新垣比菜。同組の比嘉真美子と健闘をたたえ合う=六甲国際GC(撮影・中島信生)

宮里藍サントリーレディス 単独2位で終了した新垣比菜。同組の比嘉真美子と健闘をたたえ合う=六甲国際GC(撮影・中島信生)【拡大】

 宮里藍サントリーレディス第1日(13日、兵庫・六甲国際GC、6511ヤード=パー72)2週前の海外メジャー「全米女子オープン」で5位に入った比嘉真美子(25)=TOYO TIRE=は7位につけた。

 全米女子オープン選手権で5位と健闘した比嘉は、10番から3連続バーディーでスタートしたものの、パットのライン読みに苦戦し、後半で思うようにスコアを伸ばせなかった。首位と3打差の68に「もっといけた気持ちの方が強い」と満足はしていなかった。

 それでも大きく崩れることはなく「4日間の初日としては悪くない。これ以下のゴルフはないと、自分に期待したい」と残り3日を見据えた。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1日、10番でティーショットを放つ比嘉真美子。4アンダーで7位=六甲国際GC