2019.5.25 05:03

「白」の黄金世代娘・河本、ツアー2勝目へ首位発進!/国内女子

「白」の黄金世代娘・河本、ツアー2勝目へ首位発進!/国内女子

首位発進した河本。気持ちを新たに白いウエアでツアー2勝目を狙う(撮影・甘利慈)

首位発進した河本。気持ちを新たに白いウエアでツアー2勝目を狙う(撮影・甘利慈)【拡大】

 中京テレビ・ブリヂストンレディス第1日(24日、愛知・中京GC石野C=6482ヤード、パー72)プロ2年目の河本結(20)=フリー=が5アンダー67で回り、首位発進した。前週でエリエールブランドの大王製紙との所属契約が終了し、“求む! 新スポンサー”をPRするツアー2勝目を狙う。ホステスプロの松田鈴英(れい、21)=ニトリ、浅井咲希(20)=小杉CC=らも首位に並び、1打差の5位には勝みなみ(20)=明治安田生命=ら5人。

 気持ちがリセットされればゴルフも変わる。6バーディー、1ボギーの67。日体大に在籍する女子大生プロ、河本が絶好のスタートを切った。

 「目標にしていた3アンダーをクリアできてよかった。いろいろなことがすっきりしたので、それもよかった」

 前週までキャップやバイザーについていた「エリエール」のロゴが外れた。昨年5月に締結した大王製紙との所属契約が終了。マネジメント会社も変わった。3月の「アクサレディス」で、1998年度生まれの黄金世代で5人目となるツアー優勝。右肩上がりの注目プロの、わずか1年での契約終了は業界内で話題になったが、プレーへの影響は皆無だった。

 2番(パー3)で1メートルにつけて最初のバーディーを奪い、4番(パー3)からは3連続。5番(パー4)では「左に木があったので、めちゃフックをかけて打った」と、残り164ヤードからの2打目を30センチにピタリとつけた。

 「『アクサ』で勝ってから、予選落ちはできないという気持ちになっていた。攻める気持ちが足りなかった。失敗してもいいから攻めようと」

 前週は優勝争いの末に3打差のV逸。「悔しかった。失敗を怖がっていた」。消極性を反省し、戦う姿勢を取り戻した。この日のウエアは、新たな気持ちを表わすように上下とも白。立場はフリーとなったが、2勝目を挙げれば黙っていても新スポンサーは殺到する。 (臼杵孝志)

河本 結(かわもと・ゆい)

 1998(平成10)年8月29日生まれ、20歳。松山市出身。5歳からゴルフを始める。松山聖陵高から日体大に進み、1年時の18年1月にTP単年登録してプロ転向。同年7月にプロテスト合格。昨季は下部ツアーで4勝を挙げて賞金女王となった。今年3月の「アクサレディス」でレギュラーツアー初優勝。163センチ、58キロ。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 17番、ティーショットを放つ河本結。5アンダーで首位=中京GC石野
  • 3H、ティーショットを放つ大城さつき。4アンダーで5位=中京GC石野
  • 5H、ティーショットを放ち、打球の行方を見る浅井咲希=中京GC石野C(撮影・甘利慈)
  • 4H、バーディパットを沈めた松田鈴英=中京GC石野C(撮影・甘利慈)
  • 4H、パットを外した渋野日向子=中京GC石野C(撮影・甘利慈)
  • 17H、ティーショットを放つユン・チェヨン=中京GC石野C(撮影・甘利慈)
  • 17H、ティーショットを放つ吉本ひかる=中京GC石野C(撮影・甘利慈)