2019.5.21 05:00

ケプカ、史上初「全米プロ」「全米OP」連覇/米男子

ケプカ、史上初「全米プロ」「全米OP」連覇/米男子

特集:
全米プロ選手権
全米オープン
大会2連覇でメジャー通算4勝目を挙げ、トロフィーを手にするブルックス・ケプカ=ベスページ・ステートパーク(UPI=共同)

大会2連覇でメジャー通算4勝目を挙げ、トロフィーを手にするブルックス・ケプカ=ベスページ・ステートパーク(UPI=共同)【拡大】

 全米プロ選手権最終日(19日、米ニューヨーク州ファーミングデール、ベスページ・ステートパーク・ブラックコース=7459ヤード、パー70)逃げ切った! 昨年大会覇者で7打差の首位から出たブルックス・ケプカ(29)=米国=が2バーディー、6ボギーの74とスコアを落とすも、通算8アンダーで大会連覇を達成した。

 ケプカが「全米プロ」で2年連続優勝。同大会と「全米オープン」をともに連覇したのは史上初めて。

 ケプカが初日から首位を守り完全優勝。「全米プロ」では1983年のハル・サットン以来で5人目。

 ケプカが四大メジャー4勝目。20代での同4勝は史上11人目。20代での同勝利数1位はタイガー・ウッズの10勝、2位はジャック・ニクラウスとボビー・ジョーンズの7勝。

リーダーボードへツアー日程へ